山田写真館春秋

山口県美祢市美東町の歴史を四代に亘って見てきた写真館の店主による徒然草

大田八幡宮を撮ってみた

kinrei2

七五三の出張撮影ついでに
大田八幡宮の紅葉を激写してみた。

激写って言っても撮影前のほんのわずかな時間で
ちょっと撮っただけですが。

ついでに紅葉を撮影するときの
ちょっとしたアドバイス。

上の画像みたいに
よーっっく見るとぶれているとか言うのはアウトです。
風景撮影はピントが命です。

あとこれは気をつけていることですが、
できるだけ空は入れない様にしています。
露出が狂うし、
空なんて紅葉には関係ないからです。

<せっかくなので建物を背景にする>
kinrei1

お宮で撮ったのですからお宮の建物を背景にしてみる。
この場合も余計なものは極力省きます。
絞りを開け気味にして背景をぼかすのもあり。
むしろ推奨。

<ちょいアンダー目の方が色が鮮やか>
kinrei4

花でも紅葉でも色の鮮やかさを際立たせたいなら
気持ち露出アンダーぐらいが良い。
木漏れ日があまり強い場合は逆に真っ暗になる恐れもありますが。

<たまにはフラッシュを光らせてみる>
kinrei5

一風変わったインパクトを狙うなら
フラッシュを光らせてみるのもあり。
木陰のような薄暗い中で撮影すると露出は基本的には明るくなり、
空などは真っ白に飛んでしまうので、
まあそんなわけだから空を入れるのは避けてるのですが、
フラッシュをたくことで露出は暗めになる(フラッシュで調節するから)ので
空の色がくっきり出るのです。
あと距離感や露出が均等でなくなり、
不思議な空間が出来上がります。
そういうのもアリ。

<木陰ではちょっと露出をプラス>
kinrei3

日陰では露出をプラスに補正。
さっきも述べましたが暗いところでは一応カメラが明るくなるように
露出を調整するのですが、
画像の様に空が入るとそちらに明るさを取られて
暗めの写真になります。
真っ暗だとさすがに色鮮やかさが発揮できないです。
露出をプラスに補正すると
シャッタースピードが下がったりするので
てぶれに注意です。

たまには偉そうに写真屋ぶってみちゃった (テヘペロ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する