山田写真館春秋

山口県美祢市美東町の歴史を四代に亘って見てきた写真館の店主による徒然草

iReal bがいつの間にか進化していた

『iReal Pro』

管理人の愛用アプリ『iReal b』が
いつの間にか『iReal Pro』に進化していました。

『iReal』ってのは、
上のリンクを見ても良く分からないかもしれないです。

要するに、楽器練習用の自動伴奏アプリです。

コード進行を入力するだけで自動的にピアノやドラム、ベースなどの伴奏を入れてくれます。

こういうのが必要な人種とは
楽器の演奏においてアドリブ演奏を要求される人たちです。

音楽におけるアドリブ演奏というのは
当然コード進行によって行うのですが、
そのコード進行に沿った伴奏がいないと本格的な練習はできません。

さて、このアプリのすごいところは、
その楽譜の編集の柔軟性(リピートやコーダ、セーニョなど設定できる)にもあるのですが、
伴奏パターンが選択できるという点です。

大雑把に言うと
ジャズ・ポップス・ラテンの三つがあります。

さて、ここからが進化の話です。
以前のいわゆる『iReal b』ではスタンダードな伴奏がそれぞれひとつずつあるだけ、
つまり3パターンしか伴奏がなかったのですが、
このたび(いつ更新したのかとんと覚えがないのですが)
各パターンで更に細分化したパターンを選ぶことができるようになりました。
(以前は有料コンテンツだったものを開放したっぽい。
そもそも以前とは販売価格が変わっているので、
旧版購入者を優待したと言う事になるのかな)
Jazzの伴奏パターンなんか15種類にもなりました。

もうね、これだけあると練習だけでなく
ちょっとしたパフォーマンスにも使えそう。

ポップスでも、
単純なロック(これがあまり使えないやつだった)に加えて
カントリーやレゲエ、R&Bなど、
いろいろな演奏スタイルが収録されていて、
この伴奏を聴くだけでもすごく楽しくなります。

そして演奏したくなります。

価格が1,300円とアプリにしてはちょっとお高めですが、
アドリブだけでなく、メロディー演奏を練習するのにも
強烈にお勧めいたします。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する