山田写真館春秋

山口県美祢市美東町の歴史を四代に亘って見てきた写真館の店主による徒然草

2015年5月の看板

kanban201505

月が改まったので看板を描き換えました。
ゴールデンウィーク真っ最中でも。

だいたい毎年5月の看板は
メイクイーンをモチーフにしています。

って去年も書きましたが。

メイクイーンというのはヨーロッパの古い風習で
春祭りでお祭りされる乙女のことですよ。

お祭りされるだけあって
メイクイーンは神そのものであるとみなされる。

地域によっては盛大に水をかけられたり、
水の中に放り込まれたりしたそうです。

それはつまり、
乙女は豊穣の神の化身と言うわけで、
水を与えてその年の豊作を祈念したと言うことだそうです。

またある地域では乙女はヤドリギを持って練り歩き、
やっぱりこっぴどい目にあう(水をかけられる等)。

近年になると
そうれはあんまりだと言うのでヤドリギの人形をこさえて
それを水浸しにしたりしたそうな。

そのヤドリギは豊穣の神が乗りうつっているので、
人々はこぞってその枝を奪い合い、
それを軒下に飾るのだそうです。

そして、古いヤドリギは燃やしてしまうのだそう。
そうすることで古い神の力が新しいヤドリギに乗り移るということです。

おっとついよけいなことしゃべっちまった。
こいつぁうっかりだ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する