山田写真館春秋

山口県美祢市美東町の歴史を四代に亘って見てきた写真館の店主による徒然草

平成28年美祢市成人式

seijin2016

皆様新年明けましておめでとうございます。

新年最初の大仕事成人式の話ですよ。

美祢市の成人式は美祢市民会館で行われます。

美東町民の中には美祢市民会館がどこにあるか知らない人もいます。

そりゃそうです。
だって普通にのほほんと美東町民として生活している分には
そんなところに行く用事はありませんもの。

大雑把に言うと美祢市役所の隣にあります。
じゃあ美祢市役所はどこにあるのかと言うと、
ビッグの隣(正確には違いますが)にあります。
元のフジグランの辺りです。

と言っても多分殆どの人は分からないので場所のことはどうでもいいです。

今回、
ちょっと、
ねえ、
これはどうなの?
と感じる点が多々あったので述べさせていただきます。

まず撮影の依頼なのですが、
徹頭徹尾紙切れ一枚。

式次第がちょろっと書いてあって
こんなんじゃ何も分からないよ、と思って裏返してみると、
一応撮影予定時間が書いてある。

つまり一枚紙の裏表に書かれた予定表が全て。

電話が一本でもあったわけではなく、
担当者が来店してくれたのでもない。

従って誰が担当なのか分からない。
(紙切れに名前が書いてあったかもしれないが、顔が分からない。
背中に大きく名前の入ったゼッケンでもしてくれているのでもなければ
顔を見ただけで名前は分からない。
向こうだってこっちの顔が分からないだろう。
お世話になりますともなんとも挨拶もできない。
美祢市の職員は皆アイドルなので
美祢市民はその顔を知っていて然るべきとかそういうこと?
悪いけど美東町民には美東出身の市役所職員以外は
指名手配犯以上にその存在を知られていませんよ。
顔が分からなければこちらが会場に来ているかどうか確認できないのでは?
不安じゃないのか?
むこうは知ってるのか?
そっちだけ知ってれば良いってものじゃあないだろ?)

その時点でかなりの無礼を感じたのですが、
まあそれならいつも通りのスケジュールなのかと高をくくったわけですよ。

美祢市の写真館さんも来られるので、打ち合わせを毎年しているのですが、
今年は大げさな準備はしないとの事なので今回は来なくても大丈夫だよと言う話になり、
それならばと一発本番で当日を迎えたわけです。

そしたら見事にいつものスケジュールどおりではありませんでした。

具体的には、
通年だと美東→秋芳→美祢の順番で撮影を行うのですが、
今回は大嶺校区→大嶺以外の美祢→美東→秋芳の順番になりました。

それで美祢市の写真屋さんは大慌て。

いつもは美祢市が最後だろ?

二つに分けたとしても美祢市の成人の方が多くなるので、
美東・秋芳地区の成人はそれだけ余分の時間を待つことになります。

通年でも美祢市の成人は美東・秋芳の撮影が終わるのを待っているんじゃないのかと思うかもしれませんが、
美東・秋芳地区の成人は人数が少ないので、美祢市の成人はそれほど待ったりはしないのです。

もっとも、美祢市を二つに分けたのは英断だったとは思いますが。
(ちなみに美祢市をどういう地区で分けるかを美祢の写真館さんは
知らされていなかったらしく、撮影の時少々戸惑ったそうです)

基本的に美祢と美東・秋芳とでは撮影の段取りが違うので、
そういう変則をされると準備に余計なワンクッションを置くことになるのです。

撮影時に会場の親御さんが一斉に写真を撮ろうとされるのですが、
それをされると写真の露出が狂ってしまうばかりか、
フラッシュで目つぶりが発生してしまう確率が高くなるので、
これも出来れば注意して欲しいとは思います。

ちょっとの間だけ自粛してもらえるように。
撮るなとは言いませんから。

もっともこちらもプロなので
そういう写真が発生しない撮り方を心得てはいますが、
それでも万難を排したいとは思うのです。

撮影が終わったらはたちのつどいの会場で注文を取るのですが、
秋芳の撮影が終わり、その成人が会場に集まるが早いかそのつどいは始まってしまうので、
注文などとる時間はありません。

そのつどいが終わる頃までに秋芳の注文はたったのひとつでした。
一足早かった美東の方も五件だけ。

その時点で当方は完全に注文をとる気力をなくしています。

そんなこちらの様子を気の毒に思ったのか、
美祢の写真屋さんが会場を一巡りしてくれたり、
司会の方に呼びかけてもらったりしてくれた様です。
全く、この方には頭が上がりません。

そうしてようやく、
まあ半分くらいの方は気づいて注文に来られたのかな、と。

こういう注文方式がひどく非効率なのは市職員もよく知っているはずです。
(なぜならかつて職員の方で注文をとってくれたこともあったらしいから。
しかしこれは二、三年くらいでやめたそうです)

そして結局写真は半数ぐらいにしか行き渡りません。

ちなみに当店が秋芳の集合まで撮るのは
秋芳の写真館さんが辞退されたからです(もう三年前のことですが)。

写真が高いという方もおられるそうです。
それはそうでしょう。
注文をとるというやり方だと、
入金の無いまま予定数を準備しなくてはなりません。
実際消化率は100%とはいかないので廃棄が多く発生します。
その損料分も考えなくてはならないので、
どうしても高くなります。

かつて美東町は新成人全員に写真を配布していたので
こちらは頭数だけ写真を用意して、赤字にならない程度の格安で町に納品していました。
しかも今より大きいサイズで。

今はサイズは小さくなり、
値段も上がって新成人の方々にご負担いただいているわけです。

とまあ、そんな苦言ばっかりと言うわけでもないのです。

新成人の皆さんは大変すばらしい大人ばかりで、
正直いつも感心しています。
静粛にすべきところではそうし、
盛り上がるところでは全力で盛り上がる、
とても立派だと感じています。

昔に比べてもちゃんとしている新成人でした。

正直、
美祢市の成人式は新成人の資質によってよく出来ている部分が大きいです。

どちらかといえば我々が見習わなくてはいけないんじゃないかと、
ひそかに危惧してさえいるのです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する