山田写真館春秋

山口県美祢市美東町の歴史を四代に亘って見てきた写真館の店主による徒然草

空を自由に飛びたいな

ph1

はいタケコプター。

    新しいおもちゃ
当店も新兵器を導入しましたよ。
何でしょうねこれ。

箱の中身は
ph2
こんな発泡スチロールのケースです。
取っ手がついているのでキャリングケースとして使えます。
中身が入った状態でも結構軽いです。

で、その更に中身は
ph3
こんなんです。

あまり遊びがなく、ビッチリとはまっております。

真ん中の白い×を取り出してみると
ph4
こうなりました。

もうお分かりですね。
ドローンです。

空撮に特化したDJI PHANTOM4という機種です。

そばにおいてあるNikon F3はスケール感を出すためにおいてあります。

以外に大きい? 小さい?

重さは女性でも片手でらくらく持ち上がるくらいです。

本体の下にぶら下がっているのがカメラ。
ジンバルというらしいのですが、
スタビライザーのついた吊り金具の下でぶらぶらしてます。
画像は固定器具が装着してあります。

足の根元についている目みたいな奴は
まさしく目です。

障害物を探知するセンサーだそうです。

目の前の障害物を自動的に回避してくれます。

本体にはバッテリーがはめ込まれています。
というか本体のほとんどはバッテリーです。

USBのコネクタがついていて撮影した動画や画像を
PCに吸い出すことができるっぽいです。

MicroSDスロットがついているのですが
はじめから16GBのものが刺さっていました。

ph5
こいつがコントローラー。
ラジコンでいうところのプロポです。

コイツの方がむしろ重い。
タブレットがついていますが、これは別に入手する必要があります。

が、恵安の数千円のタブレット(画像のやつ)でも
なんとか動いているので、余程古い物でなければ問題なしでしょう。

外見はそうね、
とりあえずおもちゃみたいではなく、
プラスチック外装ではありますが、かなり精緻に作られています。
金属金具もかなり精巧に工作されてるみたいです。

中国製とは言えあなどれません。

購入して数日経過しますが、
雨続きなので外で飛ばせません。

GPS頼みの飛行なので外でないと十分な性能が分かりません。

屋内でも飛ばせないことないです。
でも工業用扇風機の様な爆音がいたします。

プロペラを回すと人参どころか指までみじん切りになりそうな
猛回転をいたします。
そしてすごい風。

しかし、操作をしなければ全く動きません。
もうこの時点で安定性のすごさに感動ですよ。

タブレット上のコントロールアプリの自動離陸ボタンをタップすると
静かに(そして爆音を上げながら)浮遊して地上1メートル位のところでホバリングいたします。

そこから微動だにしません。

プロポのタブレットにはカメラが映している映像が見えているのですが、
そこには着陸しているときと変わらない全く静止しているかのような映像。

すごい安定性だ。

プロポの左手のレバーを倒すと前に言ったり後ろに行ったり、
左右に旋回したりします。

これもなかなか正確に前に進んだり後ろに進んだりするので、
よく調整されているなあと感心しきりです。

動画も撮ってみたのですが、
コントラストが高く、下手に調整しなくても納品レベルの品質です。

こちらはまた撮影したら改めてここに載せましょう。

天気がこんなんなのでまだ十分に飛ばせていないのですが、
なかなかいいものですよ、これは。

そんな予感がします。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する