山田写真館春秋

山口県美祢市美東町の歴史を四代に亘って見てきた写真館の店主による徒然草

Apple pen

applepen
「え? お前それ必要? ねえマジで?」なもの第1位~。

Apple Pencil。

猫に小判とはよく言ったものです。
豚に真珠とはよく言ったものです。

お前が持ってても価値ねーよ

っていうのが世の中結構あります。

そのなかのひとつがこれ(上画像参照)。

Apple Pencil。
10,800円(税別)也。

ねえそれ必要なの? ねえ必要なの?

自問自答し続けて幾星霜。
ついに購入。
同じApple製のUSBカメラアダプタ購入のついでに。
ていうかアダプタの方が安い(3,200円(税別))。

前者もそうだが
後者も別のメーカーで代わる(しかも安い)品物がないので
純正品を買うしかないのです。

USBカメラアダプタの方は音楽の打ち込みとか
レコーディングとかで使わざるをえない事もあるので
もう高いと思ってもこれを買うしかない。
浪費のついでにアッポーペンを買ったわけです。

じゃあこのアッポーペンで何をするかと言うと、
そりゃあ絵でも描くしかないでしょう。

さしあたりお金の要らないアプリで描き心地をテストしてみたい。
と思って今回はそのレポート。

まずは標準インストールされているメモアプリからだよ。
memo
↑メモっていうのはコイツです。

コイツ何に使うの?
っていう方多いと思います。僕もそうです。

でもビジネスとかの走り書きとか、
まさにメモなんかにはすごく便利っぽい気がします。

で、こいつスケッチ機能があります。
すごく簡易なやつですが、ペンの使い心地を試すにはうってつけでしょう。

まずペンのさわり心地なんですが、
普通のペンのことを思っているとちょっと重い。

そりゃ当然。

まず充電が必要。
充電すると言うことはそれなりの電子機器とバッテリが内蔵されている。
そりゃ重いでしょう。

まあでも腕が鍛えられるってほどじゃないです。
重心がうまく設定されてるのか
むしろその重さが心地いいくらいです。

あと、表面がつるつるで硬いです。
決して持ち易くはありません。
もう少し太目で柔らかいグリップなどをつけるのもよいかもしれません。

画面との接地ですが、
つるつるすべすべしていてちょっと慣れが必要かもしれません。

日ごろからペンタブレットとかスタイラスペンでiPadの作業をしている方にとっては
「こんなもんじゃない?」
っていう程度のことです。

スケッチ機能で描いたのがこれです。
memo
「サーバルキャットのサーバルだよ」
雑ですか?
走り描きだとこんなもんです。

さて、こんなぐらいなら
1万円もするアッポーペンじゃなくても良くない?
っていう感じですが、
さにあらず。

この描き心地なんですが
もう実際の紙に描いている位にレスポンスが良い。
ペンタブレットでもこれ程の反応を求めたら
かなり性能の良いパソコンが必要です。

ところでこのアッポーペンはどこにそんな電気を使ってんの?
っていう話になります。

それは多分以下の三点。
①筆圧の検知
②傾きの検知
③データの授受(受けることはあるのかな?)

メモアプリのスケッチの場合、
マーカーのペン先の傾きを変えることができるっぽいです。

結論としては
素描する程度だったら十分、いや十二分に使えるといった印象です。

ちょっと高機能(それでいて無料)のお絵かきアプリも使いたい。

そこでエンターテインメントカテゴリ上位にあったお絵かきアプリ
二つを使ってみましょう。

まずはこれMedibang paint(メディバンペイント)。
medibang
↑こんなやつです。

そしてこれで描いたのがこれ。
medibang
この人物は、仮にかばんちゃんとしておきます。
まあどうでもいいんですけどね。

特徴的なのは編集画面だと思うんです。
scrennshot20170824

ギャーなんかわけ分からないのがいっぱいあるー!

初心者がこの画面に始めて直面したらこういう感想を抱くと思うんですよね。

いちおう右や左のカラーやらレイヤーやらの情報窓は消すことができます。

でもフォトショップやら他のペイントソフトになれた人間からすると
見慣れたアイコンが並んでいるので違和感なくいきなり使うことができて
とてもよい画面構成なんですよ、これ。

よく使うツールはすぐアクセスできるところにあってほしいのです。

さて肝心の描き心地なんですが、
メモアプリには劣るもののレスポンスはすばらしく良いです。
一昔前のiPadの事を考えると雲泥の差です。
さすがiPad Pro、そしてアッポーペン。

ラインを描くときのアシスト(よれよれの描画をすらっとなめらかにしてくれる)も見事で、
個人的にはかなり理想的な曲線を得る事ができましたよ。

筆圧検知もよく反応してくれ、
ペンツールだと、ペンが抜けるときに程よく細くなってくれます。

その他のツールもフォトショップの使い心地を踏襲しているっぽくて
全く行き詰る事がないです。

漫画のコマ割すらできる機能があるらしい。
じゃあ本格的な漫画がこれで描けるのかと聞かれれば
多分できるね、と答えたいと思います。

さてもう一個はibispaint x(アイビスペイントエックス)。
ibispainticon
↑こう言うやつです。

そしてできた画像がこれ。
ibispaint

おんなじ様なもんだ、という意見はあると思います。
まあつまり同じ様なクオリティーは出せると言う事です。

ただ使い心地は結構違っていて、
まずこちらのアイビスペイントは極めてシンプルな画面構成で、
一見するとツール類が見当たりません。
screenibis
しかしよく見ると下部と右上にアイコンが並んでいます。
つまり必要なツールはここから呼び出すわけです。

その呼び出すワンクッションがめんどくさそうに見えます。
この点ではメディバンの方が優れているところもあります。
好き好きですかね。

広告が上部にあります。ちょっと気になります。
まあこれはメディバンにも実はあるので(目立たないけど)どっちもどっち。

描画のレスポンスは良好です。
メディバンと変わらないです。

ただ、描画アシストがかなり強力に効くので、
時によると思わぬラインになってしまう事もあったりします。

地味に良かったのが自動選択ツール。

自動選択というのは
境界に囲まれた同一色部分を自動的に選択してくれると言う機能。

アイビスペイントではデフォルトで連続選択ができるようになっている。

つまり、普通は(メディバンもそうだが)一つを選択したら前の選択範囲は消去されるのだが、
アイビスペイントでは前の選択を維持して選択範囲を追加できる様になっているのです。

これメディバンでは設定しだいで同じ事ができる様になってるのかな?

こちらもコマ割機能があったりして
漫画を描くことに特化している印象。

二つのアプリを試してみましたが
両方とも結構癖があって特徴がはっきりしています。
どっちがいいという意味ではないですが。

ただ個人的にはメディバンの方が描きやすかったかなと思います。
単にかばんちゃんが描きやすかっただけなのかもしれませんが。

まあどうせ両方無料なのでどっちも試して
使いやすい方を選べばいいんじゃないかな。

どっちを選んでもApple Pencilに大枚をはたいた事を後悔するような事はない、
いやむしろ買ってよかったと思えるのではないでしょうか。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する